スロット ウルフ

サイト内検索を閉じる

日産自動車、ダイキン、TIS、マツモトプレシジョン、AiCTコンソーシアムのもと電気自動車と業務用空調が協調したエネルギーマネジメントの実用化検証を開始

2023年12月19日

日産自動車株式会社
ダイキン工業株式会社
TIS株式会社
マツモトプレシジョン株式会社
一般社団法人AiCTコンソーシアム

日産自動車株式会社(以下、日産)、ダイキン工業株式会社(以下、ダイキン)、TIS株式会社(以下、TIS)、およびマツモトプレシジョン株式会社(以下、マツモトプレシジョン)の4社は、参画する一般社団法人AiCTコンソーシアム(以下、AiCTコンソーシアム)のもと、再生可能エネルギーを活用して、電気自動車(以下「EV」)の充放電制御システムと業務用空調制御のデマンドシステムを組み合わせた新たなエネルギーマネジメントの構築に向けた実用化検証を、本日より開始します。

電気自動車の充放電制御システム
業務用空調制御のデマンドシステム

脱炭素化の実現に向けた再生可能エネルギーの有効活用には、電力の需給バランスを調整する「需給調整力」が必要です。例えば、家庭やオフィスにおける電力使用量のうち、大きな割合を占める空調や給湯機器などのヒートポンプ設備の稼働を電力ひっ迫時に抑えるように制御すれば、発電量を増やすことなく、電力の需給バランスを保つことができます。

今回の実用化検証は、マツモトプレシジョン本社(福島県喜多方市)において、同社が社用車として保有するEV 3台(日産アリア、日産リーフ、日産サクラ)と、従業員が通勤に利用するEV 1台(日産サクラ)の計4台を使用し、EVの充放電を自律的に行う日産の制御システムと、ダイキンの高効率空調機と空調制御デマンドシステムを組み合わせ、EVと空調の協調制御を検証します。

マツモトプレシジョン敷地内の太陽光発電による再生可能エネルギーを活用しながら、EVの大容量バッテリーと業務用空調を高度なエネルギー制御技術で協調させることで、モビリティとしての利便性はそのままに、空調による職場環境の快適性も損なうことなく、効率的なエネルギーマネジメントの実現を目指し、持続可能な社会の実現に貢献します。
あわせて、エネルギーの地産地消で電力コスト削減にも取り組みます。

さらに、今回の取り組みをベースに、将来のとしての活用を目指し、TISのICT基盤技術を組み合わせたデータ解析や検証も行います。 また、エネルギーの効率的な利活用においては、EV使用者の積極的な参加が不可欠であり、会津地域で利用可能な地域通貨「会津コイン」と連携し、電力ひっ迫時にマツモトプレシジョン従業員のEVから電力供給をした場合に、「会津コイン」のポイントを付加する仕組みの導入も検討しています。

このスキームによりマツモトプレシジョンにおいて実用化検証に取り組む新たなエネルギーマネジメントは、今後、喜多方市や会津若松市にある公共施設への導入も視野に入れており、地域全体での脱炭素化やエネルギーの安定供給を行う、国内初の取り組みに発展させていく予定です。

実用化検証のイメージ図

今回の実用化検証に取り組む4社は、いずれも会津若松市で市民中心のスマートシティ実現に取り組むAiCTコンソーシアムに参画し、エネルギーの効率的な利用を通じた循環型社会の実現に向けて連携を強化する中で、本プロジェクトの実施に至りました。今後も“地域企業におけるイノベーションモデル”を通じて、脱炭素化や経済の活性化に共に取り組んで参ります。

VPP:バーチャル・パワー・プラント(仮想発電所)。分散型のエネルギーリソースをIoTによって仮想的に束ね、電力の需給バランス調整を行う仕組み

一般社団法人AiCTコンソーシアム

市民中心のスマートシティ実現を目指す一般社団法人AiCTコンソーシアムは、脱炭素社会の実現に向けたエネルギーマネジメントを重要な分野の一つと位置付け、会津若松市の2030年のゼロカーボンシティ実現や、デジタル田園都市国家構想における電力の環境価値の地域循環サービスなど、様々な取り組みを進めています。今回、AiCTコンソーシアム会員企業のコラボレーションによって、地域経済への寄与にもつながる新しいエネルギーマネジメントモデルを実証し、将来会津から全国へ、さらに世界へと拡大していくことを目指します。

日産自動車株式会社

日産自動車は、カーボンニュートラルの実現に向け、他社に先駆けて量販型EVを世界中の市場に投入し、充電インフラへの投資も行ってきました。また、EVの活用による、社会の変革、地域課題の解決に取り組む日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」を推進しています。今回、走る蓄電池としてのEVとその充放電を自律的に行う制御システムを活用し、クリーンエネルギーの地産地消を促進するエネルギーマネジメントシステムの構築を目指してまいります。

ダイキン工業株式会社

ダイキン工業株式会社は、戦略経営計画「FUSION25」の成長戦略として「カーボンニュートラルへの挑戦」「顧客とつながるソリューション事業の推進」「空気価値の創造」を掲げています。EVと空調機を連携制御する空調制御デマンドシステムを活用し、新たなエネルギーマネジメントシステムの構築をすすめ、地域のエネルギー安定供給や脱炭素の促進、室内環境向上による暑熱対策促進、などによる地域経済・地域住民への貢献を目指してまいります。

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社は、金融、産業、公共、流通サービス分野など多様な業種3,000社以上のビジネスパートナーとして、お客様のあらゆる経営課題に向き合い、「成長戦略を支えるためのIT」を提供しています。社会課題解決として「低・脱炭素」への取り組みも進めており、本検証では、自社開発のを活用し、実用化検証およびエネルギーマネジメントシステムの構築に貢献します。

マツモトプレシジョン株式会社

マツモトプレシジョン株式会社は、空気圧制御部品と自動車部品の機械加工・熱処理・研磨まで一貫生産体制を整えた創業75周年の部品サプライヤーです。ミッションステートメントに記す「地域社会に認められるリーディングカンパニー」を目指し、THE SUSTAINABLE FACTORYと称し、環境価値経営を軸としたファクトリーブランディングを開始しました。エネルギーマネジメントシステム実用化検証により、地域企業におけるイノベーションモデルを発信してまいります。

関連WebサイトURL

AiCTコンソーシアムwebサイト

日産自動車 日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」

ダイキン工業 クラウド型空調コントロールサービス「DK-CONNECT」

TISの「」

マツモトプレシジョン webサイト

お問い合わせ先

日産自動車株式会社 グローバルエクスターナル広報部
TEL:045-523-5521

ダイキン工業株式会社 コーポレートコミュニケーション室 広報グループ
TEL:本社06-6147-9923/東京支社03-3520-3100

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部
TEL:050-1702-4071 E-mail:tis_pr@ml.elviravixen.com

マツモトプレシジョン株式会社 総務部
TEL:0241-27-2101 E-mail:info@matsumoto-pre.co.jp

一般社団法人AiCT コンソーシアム 事務局 (担当:満田、齋藤)
TEL:0242-88-5855 E-Mail:sac-support@aict.or.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2023年12月19日 14時0分