スロット ウルフ

サイト内検索を閉じる

コンプライアンス推進

当社グループではコンプライアンス体制の最高責任者を社長が担い、コンプライアンス担当役員が、グループ会社全体のコンプライアンスに関する事項の確認、評価、改善施策の推進を統括しています。

グループコンプライアンス宣言

「グループコンプライアンス宣言」は、コンプライアンスに関する当グループ共通の組織活動に関する基本方針を示すものとしてまとめたものです。

グループコンプライアンス宣言

わたくしたち TIS インテックグループの役員や社員などの構成員は、社会規範や倫理、文化の尊重を基礎として、コンプライアンスをあらゆる局面において最優先する、良き社会の一員として社会規範や社会の期待のさらに上を歩みます。

代表取締役社長 岡本 安史

グループ行動規範

判断・行動するための基準を具体化したものとして「グループ行動規範」を定めています。

コンプライアンスに関する教育

毎年1回、グループ行動規範の内容についての理解を深め、内容を確認するためのeラーニングを全役員および全従業員に実施しています。

行動規範の有効性の定期的な検証のプロセスと実施結果

毎年コンプライアンス意識調査を実施し、グループ行動規範の浸透状況を確認しています。

コンプライアンス違反に対する処分

コンプライアンスに違反した役員、従業員は、法令、定款および社内規程等に基づいて懲戒処分、法的措置の対象となります。

ヘルプラインの設置

TIS

TIS社内において法令、社内規程、社会規範に違反する行為が発生、または発生の恐れを知った場合、全ての役員・社員(契約社員、派遣社員などを含む)、退職者、TISとの間で請負契約などを締結する取引事業者の従業員がメールまたは電話、面談にて相談・通報できるヘルプライン(社外通報窓口、社内通報窓口)を設置しています。
ヘルプライン利用者のプライバシーの保持は最大限配慮されます。また、相談・通報を理由とした不利益を与えることはありません。相談には専門の弁護士およびスタッフが対応し、必要に応じて利用者の同意を得た上で会社へも報告し、問題の解決を図ります。

グループ

グループ各社の個別内部通報窓口に加え、当社グループ全体が利用できる内部通報窓口を設置し、不正行為の未然防止、早期発見および是正を図り、もって、コンプライアンス経営の強化を目指して、内部の諸問題に対処します。
当社ならびにグループ会社のコンプライアンスに関する問題発生時に調査委員会を設置し、原因究明、対策の実施、再発防止策の実施等問題解決を推進しています。

グループコンプライアンス組織

1.ヘルプラインへの相談件数、相談事例
■ヘルプラインへの相談件数

■ヘルプラインへの相談事例

  • 業務上と業務外の違いについて
  • 社内ポータルの表記に関すること など

※何れも関係部署と連携し、是正・再発防止を図ると共に、相談者に適宜報告を行っています。

2.誰もが働きやすい職場環境の実現に向けて
不正行為のない職場環境を目指すことは、誰もが働きやすい環境の実現・維持につながります。
コンプライアンス上で気がかりや上司等の周囲に相談しにくいと感じた時の受け皿として、ヘルプラインへ相談できる体制整備を続けて参ります。

機密保持者・匿名の告発機関

TISに設置した社内通報窓口に加え、外部弁護士による社外通報窓口は、グループ各社が共通で利用でき、通報や相談しやすい環境を整えています。
情報の機密保持や匿名での通報受付など、公益通報者保護法に準拠した通報者保護を実施しています。

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2023年10月17日 15時18分